屋形船の雑学

屋形船の雑学

屋形船の雑学 屋形船は座敷を備え、屋根がついた船のことで食事や宴会を楽しむことができます。収容人数はだいたい15~80人ほどです。最大の魅力は食事を楽しみながら四季折々の美しい風景を見られるところです。知って得する屋形船の雑学についていくつか紹介していきます。
屋形船の歴史は平安時代から始まります。当時は貴族の優雅な遊びとして使われていました。戦国時代に入ると大名たちが句会などに用いるようになります。江戸時代に入るとお金持ちの商人や大名が花見や花火見物をするために使っていました。
屋形船は別名「楼船」とも呼ばれます。楼とは遊郭や物見やぐらを表します。魅力的な感じのする別名です。歴史に名を残した貴族や大名たちも優雅な船遊びを楽しんだのかもしれません。
第二次世界大戦後は水質や景観が悪くなったため、運航が激減した時代もありましたが、現在はバブル経済成長の影響もありエアコンやカラオケが完備された現代風へと生まれ変わり人気が復活しつつあります。なにかと忙しい現代。たまには食事を楽しみながら優雅に景色を眺めるのもおすすめですよ。

「屋形船」の語源とは

「屋形船」の語源とは 屋形船は、奈良時代に庶民が船の上で歌や踊りを行い酒宴を催していた事が元になります。
平安時代に入ると貴族の間でも盛んになり、大きな河川に浮かべた船上で酒宴が頻繁に行われました。
屋形船の語源は、主人として寝殿造の屋敷に住む高位の貴族がお館様と呼ばれていた事から転じています。
屋敷の主人であるお館様が浮かべる豪華な船が屋形船と呼ばれるようになりました。

屋形船は、河川の交通整理が進んだ江戸時代に隅田川や荒川で最盛期を迎えます。隅田川や荒川は掘や
河川が発達して物流が盛んな水上都市であったため、江戸の経済発展に伴い船遊びも盛んになりました。
元禄時代の商人文化の発展で豪商が誕生すると、比較的裕福な武士や庶民も船遊びを楽しむようになります。
最盛期の船は上級大名や豪商が自身の経済力を誇示するため、金銀や漆を使い現在とは比べ物にならない
豪華絢爛な船が建造されました。芸者を呼び酒宴を催す事が主ですが、月見や花火などの遊びにも使用されました。