屋形船の情報が満載!

屋形船のサイズは15名ほどの定員の船もありますし、30名ほどの定員の船もあるなど様々です、利用目的に応じて利用する船の大きさは変わるかと思われますが、披露宴などで使うとなると30名前後、会社の宴会などの場合も、参加人数に応じて15~30名の船を選んでおくと良いでしょう。
尚、予約前に船の大きさをチェックしておけば、船内での宴会や披露宴などを楽しむ事が出来ます。
ちなみに、貸切以外にも乗合の船を用意している船宿もあるので、事前チェックがお勧めです。

予約前に屋形船の大きさをチェック

予約前に屋形船の大きさをチェック 屋形船を予約する時、定員が15名になっている場合、船の大きさをチェックしておくと宴会を船内で行う時に何が出来るのかを把握出来るようになります。
宴会などでは出し物を披露するケースが多いかと思われますが、定員だけでなく船内の広さなどについてもチェックしておけば、屋形船の中で出来る出し物を決める時にも便利です。
屋形船は出航から帰港まで約3時間が平均乗車時間です。
沖合の波の穏やかな場所で2時間、往復1時間などが一般的で、2時間の宴会を楽しめる、乗合でも食事を楽しめる船宿は多くあります。
ちなみに、船宿は屋形船や釣り船などの娯楽船を用意しているお店の事を意味しています。
昔は宿泊施設を完備していたお店が多くあるなどからこうした呼び名が付いていると言われています。

利用人数がわからないと屋形船は予約しづらい

利用人数がわからないと屋形船は予約しづらい 屋形船を予約する時、貸切で利用する場合は、最低人数を伝えておく必要があります。
乗り合いを利用する場合も、家族なら3~4名、カップルならば2名などのように、予め参加する人は決まっているので、カップルならば2名で予約をするなど伝えれば良いわけです。
乗り合いの場合は、1名から利用が出来るようになっていますが、他のお客さんも同じ屋形船に乗り込みますし、船には定員があるので人数が分からないと受付を行う側も定員オーバーになってしまうのではないかなど、対応を断られてしまうケースもあるわけです。
尚、貸切は最低10名や15名などのように最少人数が決まっているので、10名よりも3名ほど増えるかもしれない、15名よりも1~2名増減があるかもしれないなどのように伝えておけば受付を行って貰う事は可能です。
但し、屋形船は貸切の場合でも船単位で借りるものではありません。
1名当たりの料金が決まっているので、10名よりも3名増えた場合は、3名分の料金を追加で支払えば良いのです。
ちなみに、屋形船は船内で宴会を楽しむ事も出来るわけですが、料理の量などは乗船する人の数で決まって来ます。
例えば、一人分追加になった時には、別途料理を追加で用意しなければなりません。

貸し切り屋形船関連サイト

東京で貸し切り屋形船のサービスを行っています

屋形船 予約 東京